JINKI 1 交差する場所

「精が出るものだ」

 資料を手繰ったジュリへとかけられた言葉に、彼女は面を上げる。

 戦士の威容を漂わせた巨漢が、眼前に佇んでいた。丸テーブルを挟んで彼はじっとこちらを見つめる。まるでその意思を探るかのように。

「……仕事よ」

「それでも、だ。黒将の依頼は人機の操縦技術を叩き込め――それに尽きるはず。だというのにお前が見ているのは……」

「これってそんなに可笑しい?」

 テーブル上に広げていたのは世界史の資料本であった。軍部から借り受けた資料は現時点――西暦1988年の最新を行っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です