JINKI 6 シークレットミッション

 慣らし運転で構わない、という言葉を受けてコックピットに収まったエルニィは眉をひそめた。

「あのさ、そもそも今回のミッションからして慣らし運転なんてレベルじゃないでしょ? 何せ、ボクの人機なんだから」

 コンソールを撫で、エルニィは通信先の相手に応じる。

 南はどこか苦笑を浮かべた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です