JINKI 7 ヘブンズは永遠に

「あのぅ……南さん」

 軒先で米国の高官と交渉中であった南は、後ろから問いかけてきた赤緒の申しわけなさそうな声音に、連中との会話を打ち切った。

「うん? 何ー? ……うっさいわね。とにかく! 予算は三割増し! 以上!」

「あ、いいんですか? 通信切っちゃって……」

「いーの、いーの! あんな連中、金づる以外にないんだから。で? どうしたの?」

「小河原さんから聞いたんですけれど……南さんって操主だったんですよね?」

「あー、うん。別に隠しているわけじゃないんだけれどね。今は、あなたたちのサポートってだけで」

「その時のお話を、聞いてみたいって、ミキちゃんが……」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です