JINKI 14 退けない戦い

 柊神社の鳥居の前でむすっとしている二人へと赤緒は目を向けていた。

 片や、水色の髪をカニバサミの髪留めで結ったルイ。もう片方はトーキョーアンヘルの頭脳たるエルニィだ。

 そういえば、この二人はあまり話しているのを見たことがないな、と赤緒は思案を浮かべている最中にも、二人の間に流れる微妙な緊張感が加速する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です