JINKI 16 その手に掴むもの

 離れていく。空だ。遥かなる青空。その距離を埋めようと手を伸ばして、同期した鋼鉄の腕が空を掻く。

 あ、と一呼吸吐いた時には、断崖から突き落とされた機体は地上へと激突していた。背筋にかかる衝撃と激痛。脊髄が砕けたのかと思わせられるような電撃的な爆音に両兵はしばらく無音の状態を漂っていた。

 鼓膜が言うことを聞いてくれない。唇から何か、意味のある言葉を紡ごうとしても、まるで全ての言葉を見失ってしまったかのように何の声も出なかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です