JINKI 20 彼女の戦い

「ねぇねぇ。赤緒、今日の晩御飯はどうするの?」

 珍しく買い物に付き添ってきたエルニィへと赤緒は思案していた。

「そうですね……。魚の煮つけなんてどうでしょうか?」

「おっ、いいね。ボク、日本食は好きだよ。さつきと赤緒が作ってくれるんなら特にね」

 自分で作る気のないのがこのエルニィという少女なのだが、彼女には人機関連は任せっ放しのため、変にこちらの事情に加わって来いとも言えない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です