レイカル 6 五月「レイカルと五月病」

「ヒヒイロ、大変なんだ! 創主様が!」

 突然に駆け込んできたレイカルにヒヒイロは困惑する。元々、落ち着きのない性格ではあったが、息を切らして肩を荒立たせたその様子にヒヒイロは落ち着くように促す。

「待て待て。どうしたと言うのじゃ?」

 レイカルはぜーぜーと息を切らして、涙声になった。

「創主様が、病気になってしまったー!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です