JINKI 31 ポイント12、1452

「両、ちょっと顔貸しなさい」

 突然に橋の下に現れた南に、両兵は寝そべったまま、乗せた雑誌だけを持ち上げて応じていた。

「ンだよ、黄坂か。まーた、あいつらのご機嫌うかがいなんてやる気はねぇぜ」

 欠伸を噛み殺し、再びうつらうつらと眠ろうとして、両兵はソファを蹴り上げられた。そのまま地面へとずり落ちる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です