レイカル 7 六月「レイカルのあめふり」

「……やみませんね……雨」

 窓辺で降りしきる雨を眺めていたレイカルに、作木は意識を振り向けていた。じぃっと外を凝視するレイカルに、作木は応じる。

「梅雨だからねぇ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です