レイカル 8 七月「レイカルの夏休み」

 扇風機を回していると、レイカルが口を大きく開けて、あーと声にする。

「すごいです! 創主様! こいつの前に座って、あーって言うだけで、声が拡張します! 新種のアーマーハウルなのでは?」

「いや、あの……。そういうために造ったつもりはないと思うんだけれどなぁ……」

 扇風機の仕組みに関して教えるのもどこか億劫だ。

 作木は部屋の隅にかけられた温度計を見やる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です