JINKI 39 「蘇る翼」

「どうです? これが我が国家が威信にかけて開発した、人機の第一号機です」

 その言葉と共に照明が照り返され、水色の兵器をその場に集った者たちに見せつけた。

 表向きは、各国政府への品評会だ。この時、拍手喝采が起きたのを、中国の兵器開発部門の要人は手で制していた。

「立派なものでしょう? 我が国家のロストライフ現象の報告件数が少ないのも頷けたので? トーキョーアンヘルの専門家さんは」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です