JINKI 41 遠雷の日には

 遠雷が漏れ聞こえて、赤緒はやおら台所から遠ざかっていた。それを見た五郎が嘆息をつく。

「あの……五郎さん」

「はい。後はさつきさんに手伝っていただきますので」

 赤緒は面持ちを暗くして台所を後にする。それを怪訝そうにさつきは窺っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です