レイカル 12 十一月 「レイカルのバースデイ」

「創主様! ヒヒイロの修行へと行って参ります!」

 快活に声にしたレイカルに、作木は首肯する。

「うん。行っておいで」

 しかし、ラクレスが佇んだまま動かないのを目にして、レイカルは疑わしい眼差しを向けていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です