JINKI 54 荒れ狂う運命を超えて

 輸送されてきたコンテナに収まっている人機のデータに、エルニィは眉根を寄せる。

「……南米戦線からの払い下げかぁ……。あまりにごてごてしていて、ボクはあんまし好きじゃないんだけれど」

「この際、選り好みはしていられないわ。そういう窮地に、もう陥っているのよ」

 港へと運び込まれたコンテナには「72T」の識別番号が振られている。エルニィは軍部の寄越したスペック表を睨んでいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です