JINKI 69 匿名者より

 部屋中に巻き散らかされたケーブルに、赤緒は辟易していた。

「……もうっ。立花さん。散らかしっ放しじゃないですか……」

「あー、それ? 今必要だから置いといて。データ取るのにこっちの電源だけじゃ不足していてさー。もうちょいで組み上がるから」

 エルニィは相変わらず軒先で巨大な筐体を睨んでずっとキーボードを打っている。何をしているのかは窺い知れないが、きっとアンヘルのためであろうということだけは分かる。

 だが、その散らかり具合は日に日に増していく一方で、片付けるということをしないのはやはり問題であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です