JINKI 70 ヘルタワーを追え!

 ――なぁ、聞いたことあるか、と船員が問い質していた。

 何てことはない、世間話の一つ。漁船ではしかし、そういう「噂」が絶えない。海の上に火の玉を見ただの、海坊主に行き会っただのという、取りとめのない話。誰かの退屈を紛らわせるための下世話な物語。

 だが、この時に語られたのはいやに深刻で、漁船に集った船員たちは固唾を呑んでいた。

 波間に揺れる小型艇の中で、若い船員たちはどこか遠い出来事に耳を傾ける。

「地獄の塔が、海の上に聳え立つ時があるらしい」

「何だよ、地獄の塔って」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です