ウィンブルガ 1 真白&飛花 悲惨なる末路

(何とか……何とかしないと……)

 これまで幾度となく危機を迎え、犠牲を出しつつもすんでのところで切り抜けて来た真白・ミューラー。

 彼女の外見――赤い眼と白い肌は、希少な存在と語られ、ドミネイターにその身を狙われてきた。加えて、抜群の美貌とプロポーションはドミネイターの男達の性的興奮を煽り、決して消えない炎の宿った気の強い瞳は、加虐心と支配欲を刺激させる。そのため、彼女の敗北、すなわちそれは、陵辱や性的拷問に直結してしまうことを意味していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です