JINKI 79 歩くような速さで

 ふわぁ、と欠伸を噛み殺し、赤緒はパジャマ姿のまま、台所へと顔を出していた。

 既に朝食の用意をしている五郎へと挨拶する。

「おはようございます……五郎さん」

「赤緒さん、おはようございます。今日も登校日ですよね?」

「はい……」

「寝不足ですか?」

 尋ねられ赤緒はこくりと頷く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です