ウィンヴルガ 6 真白のとある1日3

「――――い゛っっ!?」

 突如、私の意志とは無関係に、膣がディルドを思いきり締め付け始めた。

「な、何これっ!? 痛いっ!! 痛いいいいぃぃぃっっ!!!」

 棒を力の限り握り締めるように、膣がディルドをギチギチと締め上げる。突起がさらに柔肉へと食い込んで、凄まじい苦痛を生む。突然加わった秘部の痛みに、髪を振りたくって絶叫する。自分の身体に何が起きているのか全く分からない。唯々痛くて苦しい。

「ふふふふふっ! どうですか、真白さん。それは〝膣痙攣〟を意図的に引き起こすことができる薬剤なのですよ。身体のどこから注入してもすぐに効果を発揮します」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です