JINKI 85 灰色を行く者

「オーライ、オーライ……デッキアップ完了。そのまま初期動作に入ってください、立花さん」

『りょーかい。でもさー、アンヘルの陣営が足りないからって、これは反感買うんじゃないの?』

 屹立した人機は磔にされており、項垂れたその眼光からは灯火が失せている。

「いえ、有効な手段として、こっちはジャンクでも漁りたいくらいな気持ちなんです。それに、壊しただけと言うのもあまり、上には通用しないと言いますか」

『……友次さん。それって結局、敵でも味方でも、余裕ないってことじゃん』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です