JINKI 87 面影を探って

「あれ? 赤緒、これは?」

 エルニィに呼びかけられ赤緒は当惑して自分のこめかみを指差す。

「これ?」

「ほら、いつもの。赤くって四角い髪留めつけてるじゃん。あれ、どうしたの?」

「あれ? ……ないですか?」

 慌てて洗面所に向かうが、確かに自分の髪留めが消えてしまっていた。

「どこ行っちゃったんだろ……」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です