ウィンブルガ 11 ①ドミネイトの女性はドミネイトの女たち~アキの場合~

 私たち――ドミネイトの女性は皆、自分が女に生まれて来てしまったことを呪っている。

 23対46本の染色体のうち、たった1本だけが違っていたばっかりに、男たちに全てを支配されてしまう。野良犬のような男共に処女を食い破られ、女の象徴である子宮の中まで屈服させられる。

 性的奉仕、望まぬ妊娠――狂ってしまった方が楽なのかも知れない。実際そうなってしまった人たちも見て来た……。だけどそれは男に敗北したことを意味する。それだけは絶対に嫌だ。死んでも嫌だ。

 私は絶対に負けたりしない。グロリア様という希望がある限り…………。

   ――――アキの日記より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です