JINKI 105 不器用な足並みで

 ――道理を見極めろ。

 そう口にするのを、何回も聞いていた。飽き飽きするほどに。

 だからか、次第にその言葉自体に何てこともない、恨みつらみが混じるようになってしまっていた。

 ――道理なんて知ったことか。自分の道は自分で見極めるものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です