JINKI 106 さよならを紡ぐ翼

「――囲まれちまったな」

 そう忌々しく口にした両兵に対して、赤緒は上操主席で荒い呼吸をつく。

 恐れを染み込ませたトレースシステムが何倍にも重く感じていた。その視界の中に広がるのは、一面の漆黒の人機たち。

 名称、《ブラックロンド》を与えられた人機の群れに赤緒は呼気を詰めていた。

「……こんなにも、追い込まれるなんて……」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です