ウィンヴルガ 18 ④真白が夢の中でもう一人の真白に責められて屈辱絶頂する話

 ズプズプと入り込む指を膣肉が締め付ける。その様子は、一度絶頂を迎えた敏感媚肉が異物の侵入を拒んでいるようにも、更なる快感を求めて襞へと擦り付けているようにも見えた。

「ふっ、んくっ……ん……ふ、くっ……」

 羞恥、戸惑い、不安、抵抗、恐怖……様々な感情が混ざった真白の反応は、あまりにも初々しい。その表情はマシロの心をゾクリと震わせ、愛撫に拍車を掛けさせた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です