JINKI 134 ガール・オブ・リヴィジョン

 それは遭遇と呼ぶのにはあまりにも唐突で。

 そして、偶然と呼ぶにしては、あまりにも裏打ちされたものがあった。

 月下で、薄桃色の花弁を散らしながら、ビルの屋上に舞い降りる漆黒の機体。

 それに対し、さつきは自分の乗っている《ナナツーライト》のアームレイカーをぎゅっと握り締める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です