JINKI 144 逃避行の中で

「――さて、どうしたもんか……」

 両兵は憮然と求人票を見やる。どれもこれも、無理難題の仕事ばかりで、ふぅむと呻っていた。

「今の今まで人機に関わること以外はほとんどしてねぇってのはデカいな……。とは言え、青葉はあの症状じゃ動けねぇし、オレが稼ぐっきゃねぇわけなんだが……」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です