JINKI 148 ヘブンズ誕生 前編

 テーブルダストの一地点は濃霧に覆われていて、一歩踏み出すだけでも勇気が要る。

 それなのに、自分が命知らずに思われたのだろう。後から追従する《ナナツーウェイ》が戸惑ったのを感じ取る。

『おっ……小河原さん! あまり前に行き過ぎると……!』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です