JINKI 155 思い貫くのなら

 視界に入ってしまったものは仕方なく、かといって無視もできない性質なので、ジュリは問いかけていた。

「……あんた、瑠璃垣なずな……」

「あれぇ? 高等部のジュリ先生じゃないですかぁ? 何かご用で?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です