JINKI 164 贈る言葉だけでも

 火線が舞う。

 その最中を突き進むのは紫色の痩躯たる《ナナツーマイルド》。

『《バーゴイル》の編隊はこっちで引き受けるわ。自称天才、そっちの通路は任せた』

「はいはい。こちとら、慣れたものだから、ねッ!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です