JINKI 174 時が止まれば

「もう……まだなのかな、小河原さん……」

 腕時計に視線を落とす。

 学校帰りに買い物に寄るからと、呼び付けたのは両兵のほうだと言うのに、赤緒は待ちぼうけを食らっていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です