JINKI 186 世界で二人だけの夜に

「あれ……ルイさん……?」

 さつきは本棚に向かってぐっと手を伸ばしている姿勢のルイを発見し、声をかけようとして憚られていた。

 なにせ――ここは図書室。

 大きな声は出せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です