JINKI 191 ライバルと言う関係

 タン、と足を弾ませたその時には、既に踏み込んでいる。

 ルイの足並みはまるで流れるようにして、赤緒とさつきのガードをすり抜け、跳ね上がってダンクシュートを見舞っていた。

 南が点数表を捲ってポイントを入れさせる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です