JINKI 192 アンヘルファッション合戦

「もうっ……立花さんってば放ったらかしにしてばっかり……片づけないと」

 軒先から運ばれてくる風で寝転ぶエルニィに、赤緒はすっかり参った様子で片づけを始めていた。

「えっと……これは触っちゃ駄目だよね……立花さんのだし。それにしても、色んなのあるなぁ……」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です