JINKI 193 夏空の思い出に

「ほらほら! 早く早く!」

「……急かさなくっても逃げはしないわよ」

「ふわぁ……あれ? こんな朝早くにお二人ともどこへ?」

 欠伸を噛み殺した赤緒は早朝にもかかわらずどこかに出掛ける準備を整えているエルニィとルイを発見していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です