JINKI 194 掌に思い出を

「あっれー……こっちに落ちたと思ったのになぁ……」

 テーブルの下を探していると、不意にノックされて青葉はそのままで応じる。

「はいー、入ってくださいー」

「おう、邪魔するぜ……って、何やってんだ、お前はよ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です