ウィンヴルガ 7 真白のとある1日 4

「真白さん、そのまま思いきり腰を降ろしなさいっ……!」  快絶に涙を流す私の耳元で悪魔が囁く。私はその誘惑に頭の先から飛び込んだ。 「んぎぃいいいいいっっ!?」  瞬間、本当に膣の端が裂け、私は大声を上げた。鉄串や極太の […]

ウィンヴルガ 6 真白のとある1日3

「――――い゛っっ!?」  突如、私の意志とは無関係に、膣がディルドを思いきり締め付け始めた。 「な、何これっ!? 痛いっ!! 痛いいいいぃぃぃっっ!!!」  棒を力の限り握り締めるように、膣がディルドをギチギチと締め上 […]

ウィンヴルガ 5 真白のとある1日 2

 朝食の後、私は〝調教〟を受けるためにドミネイト兵の研究施設のような場所へと連れ出される。エントランスに入る時も、廊下を歩く時も服は着させてもらえない。すれ違うドミネイト兵の男達がジロジロと欲望剥き出しの獣じみた視線を向 […]

ウィンヴルガ 4 真白のとある1日 1

 楽しかった日々の夢を見る。  大切な妹とのかけ換えのない日々。皆が笑い合って毎日を過ごし、将来への不安なんて無かった。こんな日々がずっと続くのだと疑ったことも無かった。  だけど…… 「う、ん……」  意識が優しい思い […]

ウィンヴルガ 3 真白&飛花 悲惨なる末路3

 凄まじい絶叫が響き渡る。  脳天まで激痛が駆け抜ける。感じる間もなく一瞬にして処女膜は裂け、薄っぺらな障壁を突破した硬質の異物は膣壁を容赦なく削りながら、未使用の膣道を無理やり限界まで拡張する。その先端が子宮口に食い込 […]

ウィンヴルガ 2 真白&飛花 悲惨なる末路2

 耳をつんざくような飛花の絶叫が響き渡り、太ももに鮮血が飛び散った。  天津之黄泉で副長のしぐれが鐘突きを受けるのを間近で見ていた飛花だったが、いざ自分の身で経験すると、戦巫女達が恐怖していた理由が嫌というほど理解できた […]

ウィンブルガ 1 真白&飛花 悲惨なる末路

(何とか……何とかしないと……)  これまで幾度となく危機を迎え、犠牲を出しつつもすんでのところで切り抜けて来た真白・ミューラー。  彼女の外見――赤い眼と白い肌は、希少な存在と語られ、ドミネイターにその身を狙われてきた […]