ウィンヴルガ 18 ④真白が夢の中でもう一人の真白に責められて屈辱絶頂する話

 ズプズプと入り込む指を膣肉が締め付ける。その様子は、一度絶頂を迎えた敏感媚肉が異物の侵入を拒んでいるようにも、更なる快感を求めて襞へと擦り付けているようにも見えた。 「ふっ、んくっ……ん……ふ、くっ……」  羞恥、戸惑 […]

ウィンヴルガ17 ③真白が夢の中でもう一人の真白に屈辱絶頂する話

「何って……ただお豆さんを舐めただけよ? オナニー経験豊富なあなたには慣れた刺激でしょ?」  マシロが全てを見透かしたような意地の悪い笑顔を浮かべながら、再び舌先でクリトリスを掠る。ビクンと真白の身体が痙攣し、くの字に折 […]

ウィンヴルガ 16 ②真白が夢の中でもう一人の真白に責められて屈辱絶頂する話し

突如、左乳にも加わる鋭痛に真白は思わず悲鳴を上げる。ジンジンと痛みを訴える乳首をマシロの口から引き抜こうと、鎖を鳴らしながら身体を捻るが、乳輪周辺の皮膚が円錐状に伸び、さらに痛みが追加されるだけだった。 「こうやって神経 […]

ウィンヴルガ15 ① 真白が夢の中でもう一人の真白に責められて屈辱絶頂する話

「ん……」  何がきっかけになったのかは分からないが、深く沈んでいた意識が水面へと上昇する。  気が付くと真白は〝見知った〟場所にいた。 「まさか、ここ、は……!」

ウィンヴルガ14 ④ドミネイトの女性はドミネイトの女たち~アキの場合~

「ほら、アキに助けてって言うなら今の内だぞ?」 「わ、私たちは……あぐっ! ぜ、絶対にあなたたちには屈しません……!」 「ボク、絶対にそんなこと言わない……!」  ズブブッと丸ブラシの頭が開かれた膣粘膜を擦った。 「ひっ […]

ウィンヴルガ13 ③ドミネイトの女性はドミネイトの女たち~アキの場合~

男の指がしっかり根元まで入り込む。  私は何度か男隊員に命じられてラーラの膣内に指を入れたことがある。女の小さな指でも容易に奥へと届いてしまうラーラの狭穴。きっと今、男の指が子宮口をベタベタと撫でていることだろう。 「お […]

ウィンヴルガ 12 ②ドミネイトの女性はドミネイトの女たち~アキの場合~

 あまりに理不尽すぎる言葉に絶句した。  昨夜、私はこの3人に代わる代わる犯されて、何度射精を受けたかも分からない。終わった頃には膣内から精液が溢れ出し、身体中に浴びせられていた。  男たちは途中休憩を挟んでいたが、私は […]

ウィンブルガ 11 ①ドミネイトの女性はドミネイトの女たち~アキの場合~

 私たち――ドミネイトの女性は皆、自分が女に生まれて来てしまったことを呪っている。  23対46本の染色体のうち、たった1本だけが違っていたばっかりに、男たちに全てを支配されてしまう。野良犬のような男共に処女を食い破られ […]

ウィンヴルガ 10 Pathetic Song3

「へへっ、お姫様がチンポ舐めてるぜ。悔しそうな表情が堪んねぇな」 「今美味そうに舐めてるとこは、カリっていうんだ。覚えとけよ。お前のマンコを一番抉るところだぜ」  美味しいなんてことあるはずない。気持ち悪くて今すぐに吐き […]

ウィンヴルガ 9 Pathetic song 2

 俯いたまま数秒の後、目尻に涙を浮かべながらキッと睨むように男たちの方を見て腰をさらに落とし始めたところで映像が途切れた。 「とまぁ、こんな感じだな。この施設内でお仲間たちがどんな目に遭っているのか理解したか?」 「…… […]