ウィンヴルガ 16 ②真白が夢の中でもう一人の真白に責められて屈辱絶頂する話し

突如、左乳にも加わる鋭痛に真白は思わず悲鳴を上げる。ジンジンと痛みを訴える乳首をマシロの口から引き抜こうと、鎖を鳴らしながら身体を捻るが、乳輪周辺の皮膚が円錐状に伸び、さらに痛みが追加されるだけだった。

「こうやって神経の集まるおっぱいの先っぽにも酷いことされるかも知れないわね」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です