JINKI 19 アンヘルの勉強会

 戦車大隊の火線が咲き、中空を舞う黒カラスを縫い止めようとした。しかし敵機は翻弄するかのように自衛隊へとプレッシャーの光条を見舞う。

「て、撤退ーっ! 敵が来るぞ!」

 指示が飛ぶ前に、一気に至近へと肉迫した《バーゴイル》が戦車を吹き飛ばすかに思われた。

 しかし、その衝撃波を阻んだのは、紺碧の機体である。緑色のアイサイトが敵影を睨み据えた。右腕に装着した盾は、守ると誓った意志そのもののように輝く。

「……《モリビト2号》……。柊赤緒か」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です