JINKI 49 モリビトの軌跡

 ジャングルを突き進んだ代償は大きい。

 毎回土くれまみれになる《モリビト2号》の装備点検と、そして洗浄は整備班の日課になっていた。

 湿地帯に突っ込むことも多い人機には錆びも大敵だ。全身隈なくチェックする川本へと、青葉は歩み寄っていた。

「あの……何かお手伝いできることでも……」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です