JINKI 161 モーニングの美味しい朝には

「……エルニィ。セキュリティ項目は第三段階までクリア。こっちは最深層まで潜れたけれど、そっちはどうなってる?」

「こっちも似たようなもんだよ。……しっかし、分かんないなぁ。このセキュリティなら、ボクらに潜入してくれって言っているようなものなんだけれど」

「……もしかしたら、それが狙いなのかもしれないけれど、考え過ぎなのかな……?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です