JINKI 177 前に進む理由を

「うん? 何をやっとるンだ、お前らは」

 いつものように朝食にありつこうと柊神社を訪れた両兵は、めいめいに体操服に身を包んだアンヘルメンバーを認め、首をひねる。

「ああ、両兵じゃん。ちょうどよかったね、奇遇って奴」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です