JINKI 48 空駆ける、絆

「だから! 争点はそこではないと言っているんです!」

 南が電話口で声を荒らげたのを、赤緒たちが遠巻きに眺める。

「……何だか、南さん。いつも以上に大変そう……」

「ま、上も能天気な連中ばっかりだって言う証拠なのかもね」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です