JINKI 96 巨人狩り中編②

 呼ばれたと思えば、エルニィが熱を発する箱部屋に押し込まれているのを目にして、南はうろたえる。

「……何やってんのよ。ここ、蒸し暑いわね……」

「電算ルーム。こういう、ちょっといつもより不確定な要素の強い敵が現れた時の備えだよ。一応は最新鋭のスパコンと、それにボク特製のカスタム設計の筐体。あっ、そこ踏まないでね。感電しちゃうかもしれないから」

 当のエルニィはほとんど下着姿だ。軽くあつらえただけの寝間着に近い様相である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です