JINKI 114 奇跡と喧騒の一日

「うん! 今日のお味噌汁もとってもいい味!」

「あっ、さつきちゃん? ごめんね、ちょっと遅れちゃって……」

 その声を聞いて台所へと欠伸を噛み殺しながら起きてきた赤緒は、味噌汁の仕込みを行う影に瞠目していた。

「ヴァ、ヴァネットさん? ……あれ、何で……?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です