JINKI 159 メルJの理由

「ふわぁ……おはようございます、ヴァネットさん……」

 欠伸混じりに部屋から降りてきた自分に対し、メルJはいつものように射撃訓練――かと思いきや、今日は何やら神妙な顔つきをしてテーブルの一角を睨んでいる。

 何だかそれが親の仇のような眼差しであったので、赤緒はこわごわと尋ねていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です