JINKI 173 メカニックの乙女道

「お邪魔しまーす……って、誰も居ねぇでやんの」

 一応はインターフォンを鳴らして窺ったものの、人の気配は皆無で、シールは肩透かしを食らった気分であった。

「境内のほうには……格納庫か。いいのかねぇ、こんなに無防備で。とは言ったって、オレらだって押し入り強盗じゃないんだから、まぁいっか」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です